ペルシャ絨毯買取

ペルシア絨毯 (ペルシアじゅうたん、ペルシア語: ラグ )[1]、またはペルシャ絨毯は、イラン(ペルシアはイランの旧称)で生産され続けている絨毯。イラン文化、芸術を代表する極めて優れた美術工芸品の一つで、その起源は紀元前の古代ペルシアにまで遡ることができる。床面の敷物だけでなく、壁飾りやテーブルクロスとしても用いられていた。ペルシア絨毯は大きく三つに分類されている。6×4 フィート超の「カーリ (Qāli )」、6×4 フィート以下の「カーリシュ (Qālicheh )」、そして「ゲリーム (Gelim )として知られる遊牧民の絨毯である。ゲリームには粗織りの絨毯を意味する「ジル (Zilu)」と呼ばれる絨毯も含まれる ペルシア絨毯の素材としてもっとも多く使用されているのは羊毛だが、綿も多く用いられている。羊毛は、コルクウール、マンチェスターウール、キャメルウールなど、様々な品種の羊からとられたものが使用されている。絹は羊毛に比べて高価で耐久性に劣り、古くなるにつれて価値が落ちていくため、絹だけで織られた絨毯はそれほど一般的ではない。絹のペルシア絨毯は、その希少性と価値、そして耐久性の低さから、床の敷物ではなくタペストリのように壁飾りとして使用されることが多い。16世紀、17世紀のペルシア絨毯には多くのバリエーションがある。様々な地方で生産されていたことが多様なデザインを生み出すことにつながった。また、共通するモチーフとして、唐草文様、アラベスク文様、忍冬文様 (en:palmette)、円形文様、幾何学文様などは、多くの絨毯に採用されている。人物文様は、イラン国内で流通する絨毯には良く見られるモチーフだが、輸出される絨毯ではそれほど採用されてはいない。
産地ごと、あるいは家系ごとに様々なデザインが継承されており、それらの多くはシンプルで直線的な文様である。このような文様を絨毯に表現する際には、特別な下絵などを使用せずに職人の記憶や経験によって制作されることが多い。曲線で構成される複雑な文様の場合は、前もって用意された下絵のデザインと色調を絨毯のサイズに合わせて写し取っていく。伝統的なデザインも時代とともに少しずつ変化しており、現在では下絵を絨毯のサイズにあわせて縮小あるいは拡大するために、コンピュータが使用されている。
現存している最古の手織り絨毯として、古代文明パジリクで発見されたおよそ2500年前の絨毯がある。アケメネス朝ペルシアで制作されたと見られていたが、現在は否定されており中央アジアの遊牧系騎馬民族によって織られたとされている。ペルシア絨毯の最初の記録は古代中国のもので、224年から651年のサーサーン朝ペルシア時代の記録である。7世紀にイスラム教圏となるまで、ペルシアでは様々な王朝が勃興、衰退を繰り返し、ペルシア絨毯にも多くの変化がもたらされたが、ペルシア絨毯の生産は途切れることなく続いていた。その後、13世紀のモンゴル帝国によるペルシア侵攻のためにペルシア絨毯は衰えていたが、イルハン朝ペルシア、ティムール朝ペルシアのもと、ペルシア絨毯は再び発展してくことになる[3]。
ペルシア絨毯に使用される羊毛、絹、綿といった天然素材は、経年変化によって腐食し、朽ちてしまう。このため、考古学者たちの古代遺跡調査によっても、ペルシア絨毯に関する有益な発見がなされることは極めてまれである。古代からペルシアで手織りの絨毯が制作されていたことを示す証拠は、数点の磨りきれた絨毯の断片しか存在しない。このような断片からは、12世紀に全盛を迎えたセルジューク朝ペルシア以前のペルシア絨毯がどのような特徴を持っていたのかを判断することは、ほとんど不可能となっている。
ペルシャ悠久の代表的な芸術品であるペルシャ絨毯。
広大なイランに点在するペルシャ絨毯やキリムの産地を巡り、腕の良い作家や職人達の名作を一点一点厳選しております。
代表的な産地イスファハン、ナイン、コム、タブリーズ、カシャン、ケルマンなどのウールやシルク、シルク&ウール、並びに絵画や写真のようなタペストリーを中心に幅広いグレードの商品をお求めになりやすい価格で提供しております。 ペルシャ絨毯はお手入れを欠かさなければ何十年もその美しさを保ちつづけます。そこで、ご家庭で日頃心がけていただきたいお手入れ方法をご紹介いたします。どなたでも簡単にできることばかりですので、よくお読みになって末永くご愛用下さい。

また、ペルシャ絨毯のクリーニングは、5年~10年に一回程度するとさらに良い状態を保てます。ペルシャ絨毯のクリーニングは、ペルシャ絨毯専門のクリーニング店にお願いするのがベストだと思います。

弊社でも、イラン人スタッフにより手洗いクリーニングをする職人集団と提携しておりますので、お近くに絨毯専門クリーニング工房がない場合は、聞いてください

シルクのペルシャ絨毯のご使用上の注意

シルクのペルシャ絨毯は、湿気の多い所や水のかかるところに敷くことを避けてください。

水に濡らしたり、水洗いすると、色落ち、色むらなどの原因になります。シルクのペルシャ絨毯のクリーニングは、専門家に任せるのが最適です。

汚れがついたら絨毯の裏側に乾いたタオルを下に敷き30度くらいのぬるま湯で、必ず中性洗剤を使い、固く絞ったタオル等でたたいてください。

シルクは、紫外線に弱く、黄変しやすいので、直射日光を避けてご使用下さい。

すべりやすい所でのご使用は、すべり止めの併用をおすすめいたします。
クム産商品紹介

首都テヘランより南西約160kmにあり、イスラム教シーア派の聖地です。 絨毯の歴史は、1930年代に始まり、比較的新しいです。シルク絨毯の産地として知られ、アルサラニ工房、ババイ工房、ジャムシディ工房、マスミ工房、そして世界最高級のシルク絨毯を製作するラジャビアン工房などもあります。

 

LINE QR コード

QR code
QRコードからLINE登録も可能です。
これまで培ってきた私たちの経験や実績をもとに、数々の素晴らしいお客様にご愛顧いただいております。.

free dial

0120-771-797

Tel: 03-4283-4703
携帯: 090-4727-2288
電話受付:9:00~21:00
ペルシャ絨毯を一番高く売りたいだったら、ペルシャ絨毯買取に任せてください。 一本の電話でスピーディー現金でペルシャ絨毯買取専門店。

港区絨毯買取センター
〒104-0042 東京都中央区入船3-7-7 3F

ペルシャ絨毯買取専門店  営業時間

 AM 9:00~PM 9:00 年中無休

 

ペルシャ 絨毯 玄関 , イスファハン カーペットペルシャ 絨毯 玄関 , イスファハン カーペットペルシャ 絨毯 玄関
ペルシャ 絨毯 玄関ペルシャ 絨毯 玄関ペルシャ 絨毯 玄関
0120-771-797

ペルシャ絨毯買取