山梨県エリア | ペルシャ絨毯買取


港区買取絨毯について

東京都港区を中心にペルシャ絨毯の買取りをしています。
ペルシャ絨毯買取なら、専門店港区絨毯にお任せください。
当社では、お客様の使わなくなりましたペルシャ絨毯を専門スタッフが、丁寧に鑑定・査定・高価買取させて頂きます。

お電話一本で出張し、ペルシャ絨毯(クム産・マラゲ産・イスファハン産・タブリーズ産・ナイン産・カーシャン産・ケルマン産などのシルク絨毯やウール絨毯)を、ひとつひとつ丁寧に鑑定し、ご納得いただいたうえで買取りさせて頂きます。

 

Yamanashi_prefecture

ショッピングブーストゾーン全国からカーペットを集めています!

ショッピングをサポートするエリアは、

東京神奈川千葉埼玉いばらき栃木軍馬愛知静香新潟長野、山梨、京都、大阪、福岡、山口、大分、佐賀、熊本です。 東京です。 、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬」。
ペルシャ絨毯買取専門店港区 ペルシャ絨毯を高く買取します。
全国でもご利用いただけますので、上記以外の方も大歓迎です! 無料評価をご利用ください。

サファヴィー朝 (1501–1732)

1499年、ペルシャに新しい王朝が誕生しました。その創設者であるシャー イスマイル 1 世は、ウズン ハッサンと関係がありました。彼はアラブの征服以来、ペルシャの最初の国家主権者とみなされ、シーア派イスラム教をペルシャの国教として確立しました。 彼と彼の後継者であるシャー タフマスプ 1 世とシャー アッバース 1 世は、ペルシャのサファヴィー朝美術のパトロンになりました。裁判所の製造所は、おそらくタブリーズのシャー タフマースプによって設立されましたが、オスマン帝国とサファヴィー朝の戦争 (1603–18) の結果として、シャー アッバスが首都を北西部のタブリーズから中央ペルシャのイスファハンに移したときに、間違いなくシャー アッバースによって設立されました。エドワーズが書いたように、ペルシャのカーペット織りの芸術にとって、これは「短期間でそれがコテージメティエから芸術の威厳へと上昇した」ことを意味しました。 サファヴィー朝の時代は、絨毯織りを含むペルシャ芸術の最も偉大な時代の 1 つです。後期のサファヴィー朝時代の絨毯は今も残っており、今日知られている最も精巧で精巧な織物に属しています。私たちに物理的に知られている最初のカーペットがそのような完成されたデザインを示しているという現象は、壮大なサファヴィー朝の宮廷絨毯が織られる前に、絨毯織りの芸術と技術がすでに存在していたにちがいないという仮定につながります.初期のサファヴィー朝時代のカーペットが残っていなかったため、研究はティムール朝時代の本のイルミネーションと細密画に焦点を当ててきました。これらの絵画は、等尺の幾何学模様を繰り返しデザインしたカラフルなカーペットを、チェッカーボードのようなデザインに配置し、イスラム書道に由来する「クフィック」の境界装飾を施したものを描いています。デザインは当時のアナトリア絨毯、特に「ホルベイン絨毯」に非常に似ているため、デザインの共通のソースを除外することはできません。ティムール朝のデザインは、サファヴィー朝初期のペルシャ絨毯とアナトリア絨毯の両方、およびオスマン帝国時代に生き残った可能性があります。

「デザイン革命」

15 世紀後半までに、ミニチュアで描かれたカーペットのデザインはかなり変化しました。大判のメダイヨンが登場し、装飾品は精巧な曲線のデザインを見せ始めました。大きならせんや巻きひげ、花飾り、花や動物の描写は、調和とリズムを得るためにカーペットの長軸または短軸に沿って鏡像化されることがよくありました。以前の「kufic」ボーダー デザインは、巻きひげとアラベスクに置き換えられました。これらのパターンはすべて、直線の直線を織るのに比べて、より精巧な織り方を必要としました。同様に、アーティストがデザインを作成し、織工が織機でそれらを実行し、アーティストのアイデアを織工に伝える効率的な方法が必要です。今日、これはカートゥーンと呼ばれるテンプレートによって実現されています (Ford, 1981, p. 170)。 Safavid メーカーが技術的にこれをどのように達成したかは現在不明です。しかし、彼らの仕事の結果は、Kurt Erdmann が「カーペット デザイン革命」と呼んだものでした。 どうやら、新しいデザインは、15 世紀には本のイルミネーションや本の表紙に登場し始めたため、最初に細密画家によって開発されたようです。イスラム絨毯の「古典的な」デザインが確立されたのはこれが初めてです。メダイヨンとコーナーのデザイン (本人: 「Lechek Torūnj」) は本の表紙で初めて見られました。 1522 年、イスマーイール 1 世は、ヘラート派の有名な画家である細密画家カマール ウッディーン ベザードを王室のアトリエのディレクターとして採用しました。 Behzad は、後のサファヴィー朝芸術の発展に決定的な影響を与えました。私たちに知られているサファヴィー朝の絨毯は、細密画に描かれている絨毯とは異なります。そのため、絵画は、年代の絨毯を区別、分類、日付化するための努力を裏付けることができません。同じことがヨーロッパの絵画にも当てはまります。アナトリアの絨毯とは異なり、ペルシャの絨毯は 17 世紀以前のヨーロッパの絵画には描かれていませんでした。 Ardabil カーペットのような一部のカーペットには、日付を含む碑文が織り込まれているため、サファヴィー朝の敷物を分類して日付を記入するための科学的取り組みは、それらから始まります。 私はあなたの敷居以外に世界に避難所を持っていません。 このドア以外に私の頭を守るものはありません。 946年、カシャーンのマクスードの敷居の奴隷の仕事。

ペルシャ絨毯の形(長方形・正方形・円形)や、デザイン(メダリオン、ピクチャー、ヘシティ、ラチャック、トランジなど)に関わらず、お取扱い致します。

▼シルクやウール絨毯のサイズについて
「カーリ (Qāli )」は 3×4m・3×3m・3×2m、「パルデ」は 250×140cm程度、「カーリシュ (Qālicheh )、またはドザール」は 180×140cm程度、 「ザルニム」は 120×70cm程度、「ザルチャラク」は玄関マットサイズ程度と言われています。

また、日本全国からお客様に絨毯を送っていただく宅配買取にも対応しております。
無料査定より来店希望のご相談を承っています。
サイズ、素材、産地、工房、チェックポイントとなります。
●サイズ【タペストリー・玄関マットからリビングダイニングサイズなど】
●素材【シルク・ウール・ウールシルク】
●産地【クム・マラゲ・イスファハン・ナイン・タブリーズ・カーシャン・ケルマンなど】
●工房【有名な工房。例えばクム産といえば、ジャムシディ(Jamshidi)工房、ラジャビアン(Rajabian)工房、マスミ工房(Masumi)など。イスファハン産といえば、セーラフィアン工房(Seirafian)、ハギーギー工房(Haghighi) ヘクマト ネジャード工房(Hekmat-Nezhad )など。】
●チェックポイント【新しい絨毯や古い絨毯・デザイン(新旧)・年代・色柄・シルクやウールの質・全体のデザインとノット数・シミ・汚れ・へこみ・臭い・日焼け・破れなど】

ポイントはこちらの記事をクリック!
[合計: 1 平均: 5]
0120-771-797

ペルシャ絨毯買取

ペルシャ絨毯を一番高く売りたいだったら、ペルシャ絨毯買取に任せてください。 ペルシャ絨毯買取,シルク絨毯買取,絨毯中古, 0120-771-797

ペルシャ絨毯買取     ペルシャ絨毯    シルク絨毯買取   ペルシャ絨毯買取東京    ペルシャ絨毯買取埼玉     ペルシャ絨毯買取千葉     ペルシャ絨毯買取大阪    ペルシャ絨毯買取京都