ペルシャ絨毯 相場

ペルシャ絨毯は手作りの一点もので値段も高いため、慎重に選ばなければなりません。

ペルシア絨毯 (ペルシアじゅうたん、ペルシア語: Carpet[1]、またはペルシャ絨毯は、イランペルシアはイランの旧称)で生産され続けている絨毯。イラン文化、芸術を代表する極めて優れた美術工芸品の一つで、その起源は紀元前の古代ペルシアにまで遡ることができる。床面の敷物だけでなく、壁飾りやテーブルクロスとしても用いられていた。| ペルシャ絨毯買取 | ペルシャ絨毯 相場

ペルシア絨毯は大きく三つに分類されている。6×4 フィート超の「カーリ (Qāli )」、6×4 フィート以下の「カーリシュ (Qālicheh )」、そして「ゲリーム (Gelim )として知られる遊牧民の絨毯である。ゲリームには粗織りの絨毯を意味する「ジル (Zilu)」と呼ばれる絨毯も含まれる[1]


イラン産の絨毯であれ、機械で作られたものに「ペルシャ絨毯」という名前は … そういった背景を知ると、とたんにペルシャ絨毯の価値に重みと厚みが増すはずです。

ペルシャ絨毯の素材別の買取価格相場 — 高く売るために適切な売り方や買取価格相場を押さえておきましょう。

ペルシャ絨毯の値段の相場はある程度推し測ることができるでしょう。 わかりにくいシルク絨毯を例にあげれば、約60×約90(cm)でマラゲ産が15万円から25万円、ザンジャン産が25万円から35万円、クム産で35万円から50万円ほどです

ペルシャ絨毯の素材別の買取価格相場

 

「ペルシャ絨毯」には1枚につきおよそ10,000円から3,000,000円前後の買取金額がついています。 数ある西洋工芸品の中でも最も高い値段がつきやすく …


緻密な結びと美しいデザインで、世界中の人々を魅了し続けるペルシャ絨毯。

ペルシャ絨毯は、イラン国内で制作されている手織りの絨毯を総称したものです。
各産地に歴史があり、産地ごとのデザインがあります。
ウールやシルクなどの素材を用いて、ひとつひとつ丁寧に結び上げる。
とても美しく緻密な絨毯です。
日本では、遊牧民の絨毯であるギャッベも広く知られていますね。
ペルシャ絨毯を知る上で、歴史や文化を理解することがペルシャ絨毯の魅力を感じる近道かもしれません。


ペルシャ絨毯の歴史もとても古く、3,200~300年前の絨毯がそのままで残っています。
ペルシャ絨毯の特徴は、「売ることを考えず自分のために作ったものだった」ということです。イランの国民は昔から、自分で使いたかったからペルシャ絨毯を作ったのです。
現在のような輸出用の品物ではありませんでした。
国内では売り買いしていましたが、輸出品になったのは近年の話です。

ヨーロッパのいろいろなディーラー達、ビジネスマン達がイランに来て「こんなに素晴らしいものがある」とヨーロッパへ買って帰りました。そしてペルシャ絨毯を見た多くのヨーロッパの人々が興味を持ち、注文したり買ったりしたという歴史があります。
だからイランのペルシャ絨毯と、現在絨毯を作っている国々ではルーツが大きく異なるのです。

いいものを自分のために織った。これがペルシャ絨毯の始まりです。

歴史的に王様が、友好の証として他国に差し上げることはありました。
同じように日本でも、奈良時代やその後の祇園祭のために、ペルシャ絨毯が贈られました。

 

ペルシャ絨毯の歴史もとても古く、3,200~300年前の絨毯がそのま

ペルシャ絨毯の歴史は長いですが、ペルシャ絨毯が日本のマーケットに入ったのはそんなに昔の話ではありません。私が思うに50~70年ぐらい前から。戦後です。
しかし、国内に流通すると見事なスピードで広がりを見せました。
これは日本人の好みや人間性と通じるポイントです。
とはいえ、残念ながらペルシャ絨毯のいいところや特徴をしっかりと知らない人が多めなことは確かです。


手織りで、細かくて、とてもいい物ですよね。

そうです。細かくていい物ですよ。さらには長持ちします。
ペルシャ絨毯は飾ってもいいですが、それだけではありません。実際に楽しんで使いながら永く愛用できるのです。着物と同じように世代を超えて代々受け継いでいくことができるもの。日本の方々はそのことをすぐに理解したと思います。日本の国民性に見事マッチングしました。


イランで織られている絨毯なのに、なぜペルシャ絨毯と呼ぶのですか?

もともとペルシャ民族の国だったので、芸術品や歴史があるものに関しては「ペルシャ」という名が残っていました。
いろいろな民族が入ってくる時代背景と文化背景もあり、「もうペルシャ人だけの国じゃないよね」と、イランという呼び方に変わっていったと思うんですよね。
イラン人は、自分の国のことを「イラン」と呼んでいました。でも、外国では「ペルシャ」という呼び方が長らく浸透していたので、1935年に「イラン」と統一することになりました。

なるほど。日本の方にはペルシャ絨毯がどこで織られているかを知らない方も多いと感じます。

そうですね。イランで織っている絨毯だと覚えていただきたいですね。
あと「手織りだけ」というのも、知られていない場合が多いですよね。
一般の日本人の方は、「手織り」というと日本の着物や帯のように作ると想像されていると思います。しかしながら、ペルシャ絨毯の作り方は「織る」というより「結ぶ」です。一つ一つの結び目を作って全体を仕上げていきますから、ペルシャ絨毯を作ることはとても難しいことです。

 


あと手織りの絨毯は、通気性も優れているんですよ。

特に日本は湿度が高いので、通気性がよく夏の時期でも暑く感じないのがよいところです。
ウール製のものは保温性もあり、冬も暖か。シルク製絨毯もありますが、ウール製の絨毯は夏でも冬でも快適に過ごせるところがメリットです。

 

シルクのイメージが強いのは、着物の影響もあると思います。これも日本の文化ですね。
ヨーロッパやアメリカでも一緒ですが、室内でも靴を履く文化ですから、ペルシャ絨毯はウールを好む方が多いですね。
また、ウールでもシルクでも、産地によって使っている柄と色が異なります。
プロの方だったら、絨毯の一部を見ただけですぐに分かります。


それでもなお、草木染と化学染料を合わせるメリットはあるのでしょうか?

ペルシャ絨毯特有の緻密で優雅なデザインを、よりはっきり表現できると思います。
化学染料についてはさまざまな意見があるでしょう。でも色を作るのは想像以上に難しい工程です。
自分が求めている色を出すのは、染色の世界ではとても重要なテーマ。
例えば、草木染ではなかなか自分の求めている色が出ず、5回6回と何度も染め直すことも。
草木染は時間もコストもかかりますし、自然界のさまざまな色合いを草木染だけで表現するのは不可能です。どうしても表現できない色の世界があります。
そこで、その工房独自の伝統的な色合いや文化的背景を守るために、化学染料を活用することもあります。ペルシャ絨毯を芸術品として美しく彩るためには、化学染料のサポートも必要なのです。

独自の芸術が生まれるのは、その場所ごとの文化と歴史が背景にあるからでしょうか?

もちろん、その通りです。
ペルシャ絨毯に大きな影響を与えたのは、1501年に成立したサファヴィー朝時代です。
1580年代のころ、国内技術にとても興味を持った王様(シャー・アッバース)がいました。
ペルシャの国からあらゆる技術者を大切に支援していました。
「優れた技術のある人は集まってください。ちゃんとお金も出します」と、いろいろなものを発展させていきました。
ペルシャ絨毯もその時に急激に技術が上がり、国を代表する産業になりました。

ペルシャ絨毯の買取業者 minatokucarpet-com

 


建築からヒントを得たデザインがあるのですか?

例えば、ドームのデザインなどです。
デザインそのものや庭園デザインを絨毯のデザインに組み込むこともありました。
文化群との混ざりあいもあると思います。

デザインになっているものもたくさんあります。
ドーム天井文様、日本でアラベスク文様と呼ばれているエスリーミー文様など、これらがそのまま絨毯に表現されています。
よく見ていただくと、同じようなデザインを街の中で見ることができるかもしれません。
ペルシャ絨毯を見てからイラン旅行をするのもおすすめです。

 


産地や歴史、文化というワードを聞くと自然と興味が湧いてきます。
文献などがいろいろと残っているのですね。深掘りする楽しさがありますね。

そうですね。京都ですと、ペルシャ絨毯で連想するのは、祇園祭の鉾や高台寺に保管されている秀吉の陣羽織が有名ですね。あとは、ミュージアムにも古い絨毯が展示されています。
みなさんには、歴史を感じる色やデザインをぜひ見て欲しいですね。
新しくできた絨毯ですと、やはりこの色はでません。
何百年経って、やっとこの色になっていくというものもありますからね。
使うだけではなく、見て楽しむことができるのも、ペルシャ絨毯が芸術品と称されるゆえんでしょう。

どのようなきっかけでもかまいません。
ぜひ日本のみなさんにはもっとペルシャ絨毯を好きになってもらいたいです。
心から、絨毯のある生活を楽しんで欲しいと思います。
インテリアをもっと好きになり、毎日のライフスタイルをもっと幸せに感じられるはずです。

 


ポイントはこちらの記事をクリック!
[合計: 7 平均: 5]
0120-771-797

ペルシャ絨毯買取

ペルシャ絨毯を一番高く売りたいだったら、ペルシャ絨毯買取に任せてください。 ペルシャ絨毯買取,シルク絨毯買取,絨毯中古, 0120-771-797

ペルシャ絨毯買取     ペルシャ絨毯    シルク絨毯買取   ペルシャ絨毯買取東京    ペルシャ絨毯買取埼玉     ペルシャ絨毯買取千葉     ペルシャ絨毯買取大阪    ペルシャ絨毯買取京都